→ ケッシュ テクノロジー

2013/01/11

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ケッシュ財団テクノロジー

 a706db29.jpg



地球には、翼やエンジン、推進ロケットが付いていないが、太陽系の中でその位置を保ちながら、時速何千キロという速さで何十億年もの間運動し続けている。

地球のような惑星に重力の場をもたらしているシステムを理解することにより、人類の英知と知識は遂に宇宙における運行の基礎原理を理解するレベルに到達した。

a941c15e.jpg


そして今、プラズマ リアクターの中に宇宙の原理を再現することにより、人類に宇宙旅行への扉が開けられた。

この画期的テクノロジーは、宇宙空間で地球や太陽が燃料を使わずに、運動と位置付けを行い、エネルギーや食物を創り出す(原文:creat)のと同様の原理で、リアクター内部の重力場と磁場の相互作用を利用する。

この技術を輸送や旅行のシステムに応用するのが、ケッシュ財団のスペースシップ プログラムだ。

ケッシュテクノロジーの応用:

エネルギー開発

宇宙開発

輸送開発

医療技術

環境と農業

技術使用ライセンスと特許権


ケッシュ氏の欧州/国際特許 申請済み技術: http://ep.espacenet.com/searchResults?PA=keshe&locale=nl_BE&DB=ep.espacenet.com

ケッシュ財団は原子力物理学者、MT Keshe氏により設立された非営利、非宗教団体。財団の目的は、この新しい科学的知識と技術を用いて、飢饉、水、エネルギー不足、気候変動、医療、といった世界が直面している問題を解決すること。プラズマ リアクターの開発で、人類の宇宙の彼方への旅も可能になる。



資料: ケッシュ財団ホームページ http://www.keshefoundation.org/


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/10

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ケッシュ テクノロジーの応用: エネルギー開発 c6f92ff7.jpg

         エネルギー供給+地球温暖化を解消

ケッシュ電池セル

ケッシュ財団が開発した“デー&ナイト パネル”は昼も夜も電気を送ることが出来る。しかも現存の太陽光パネルに比べて圧倒的に効率が良い。このDay&Nightパネルにより電気製品やの電子機器への安定した電力供給が可能になる。(この技術は特許申請中)

同時にこのパネルには、温暖化の要因となる空気中の二酸化炭素やメタンガスを吸収し、液体に変える機能がある。

CO2とメタンガスを、室温で空気中から取り入れ(熱、圧力を加えず)、リアクター内でナノマテリアルに変換する。その過程で、酸素と使用可能なエネルギーが生成 (produce)される。
リサーチペーパー 室温で固形化されたのCO2の写真

     Day & Night panel
c33a4db7.jpg

    手のひらにすっぽりと入る
      大きさは中型サイズ

エネルギー開発の可能性

発電

発電システム:発電所、自然エネルギー発電所、地域、住居の発電装置、遠隔発電


バッテリー:コンピューターや携帯電話用のバッテリーの寿命は2年~3年になる。(2日~3日ではなく)

ec0ec276.jpg

ケッシュプラズマバッテリーはISO規格標準サイズで
製造可能、多様な電気製品、電子機器に使用できる。



Energy - wireless

現在コンセントに繋げている家電製品はワイヤレスになる。




マイクロバッテリー:小型電子機器の電源と冷却ファン用のバッテリーの寿命も数年になる。(数日ではなく)
846d4899.jpg

ケッシュプラズマ リアクターの使用で、あらゆる
電子機器コンポーネントの電源バッテリーの
寿命は数年間になる。



ケッシュ プラズマバッテリーが電子機器装置の常識を変える

2e697a9d.jpg


例えばプラズマバッテリーの使用で、道路の監視カメラは10年
使用出来る。パワフルな出力で、膨大なデータをサテライトや地域
アンテナに送信できる。ホームシステムとの連携など,既存の
技術の限界を超えたパフォーマンスを可能にする。

単独で使用でき、他の電源を必要としない。太陽光パネルの様に
太陽熱も要らない。

中央制御システムの配線が不要になり、サブシステムは、アウトプット
に適したプラズマバッテリ-を使用することで単独で稼動できる。

e3534f02.jpg

例えば、産業用ロボットのエンジンにプラズマバッテリーを使用し
中央制御システムからの指令をワイヤレスで送れる。


ケッシュプラズマバッテリーは、取り付けが簡単でカスタム設計
が可能。多機能型機器、装置などの新製品の開発にも新たな
可能性。

5ffbb7bf.jpg

壁にかけるだけで使用できる、温風乾燥機(ハンドドライヤー)


0a714b03.jpg

     多種多様なバッテリータイプ


ヒートジェネレーション(発熱)開発の可能性

発電所:タービンヘッド用の蒸気を作る
住居用:電気暖房、照明
蒸気生産:工業生産用
濃縮システム:水を得る、水を淡水化する


ケッシュ財団プラズマ発電機の販売3-4Kw

家庭用のポータブル発電機 → フリーエネルギー発電機 販売の経過
3-4 KW AC/DC 10000台限定
10  KW AC/DC  1000台限定

32b90648.jpg



資料:ケッシュ財団ホームページ: 
http://www.keshefoundation.org/applications/energy/power-cells/83-keshe-power-cells-en.html
http://www.keshefoundation.org/applications/energy/energy-opportunities.html
http://www.keshefoundation.org/applications/energy/power-generators/84-sale-of-keshe-foundation-3-4-kw-and-10-kw-power-generators-en.html
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Batteries.pdf


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/09

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


   ケッシュ テクノロジーの応用:宇宙開発

8840bea1.jpg

                 まず月への居留  2016年までに火星に到達

プラズマ リアクターにより重力を制御(ポジショニング)することで、リアクターと宇宙船の周辺に、地球の重力と磁力に反して独自の磁場と重力場を生じさせる。

建設中の宇宙船:宇宙船は防護装備され、乗員が地上にいる時と同様の必要物資、食料、空気、水、電気、医療などの供給が想定されている。

          ff10a9ac.jpg

               



        
        ケッシュ テクノロジーが描いている、近未来の月旅行ツアー計画

                       
                月面の史跡、アポロの着陸地を訪ねる旅
                      2016年~2017年 
a040c8f8.jpg

                          予約受付中!
  
             
月面着陸、約2時間の史跡観光 アポロ11号、12号、14号、16号の着陸場所、
アペニン山脈にある、月で最も標高の高いホイヘンス山での写真、ビデオ撮影!
アポロ15号の着陸場所の上空を飛行し地球へ帰還。アポロの着陸地の詳細:Google Earth (このツアーでは宇宙船の外には出られません。)


所要時間:72時間
稼動条件:垂直ポジショニング、離陸、着陸時は円運動

ac7dbc59.jpg





ケッシュ財団が開発した重力ポジショニングの技術を応用:

3ad0486d.jpg


安全でスムーズな離着陸と大気圏突入
宇宙船内の重力はコントロールされていて、無重力状態への適応訓練は不要
地上のどの地点からの離着陸も可能、発射台も不要
離陸、上昇、運行には燃焼燃料は不要

質問はフォーラムページで受け付けます。適当な質問にはフォーラムで返信します。



2ed7fd2f.jpg



              
ケッシュテクノロジーが提案している宇宙産業開発の可能性:

宇宙船、リアクターの開発と製造
宇宙探索用の建造物システムの開発と製造
月―地球、地球ー地球の輸送サービス
関連サービス業:宇宙トラベル、宇宙クルージング、“ムーンウォ-ク”バケーションツアー
水、空気、エネルギーなどの基本物資の供給システム
衛星の軌道への配備、宇宙ステーションへの装備品等の輸送


宇宙における惑星の重力と運行のシステムを応用、再現したケッシュ財団のテクノロジー... 
NASAの推進ロケット技術に、宇宙開発の未来があると思いますか?

今後、ケッシュ財団では公共のイベントを通じて、財団のテクノロジーのデモンストレーションをして行く予定です。

資料:ケッシュ財団ホームページ:
http://www.keshefoundation.org/applications/space/flight-technology.html
http://www.keshefoundation.org/applications/space.html
http://www.keshefoundation.org/applications/space/space-exploration.html
ケッシュ財団 世界平和条約ホームページ: http://www.signworldpeacetreaty.org/


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/08

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


      ケッシュ テクノロジーの応用:輸送開発


他の分野での製品開発同様、ケッシュ財団の技術応用の詳細は、パテントファイルをご覧下さい。これらの応用技術はスタティック リアクター、ダイナミック リアクターまたは両方を組み合わせて提供できます。
                  
                    重力と反重力の創生
                 

【単一磁場プラズマ&二重磁場プラズマ】

自動車産業
未来のクルマはプラズマ リアクターによる発電で走る。必要なシステムは、家庭用の電子レンジほどのサイズ。車輪の無いクルマやトラック、クリーンな水素電気自動車が、地球の重力に反して浮き上がる。

9f795828.jpg

二重磁場プラズマ リアクターは、車、トラック、船舶、
飛行機を宙に浮上させる



航空産業
翼のない飛行機は反重力を利用して、飛行する。

731efbc0.jpg

飛行機は空中に浮かび、磁気シールドにより防護



鉄道産業
鉄道には線路も架線も要らない。

d764db88.jpg

ケッシュ プラズマ リアクターの利用で、公共の
交通機関の車両は浮上して走行する



宇宙開発
ケッシュ プラズマ リアクターにより創生された二重磁場で、宇宙船は反重力の特性を持つことが可能に。

3ad0486d.jpg

磁気シールドが宇宙船を防護 宇宙船内は、地上と同じ環境に
コントロールされ快適飛行


重力効果を実践したリアクターの他の利用:

障害者用の車椅子。車輪を押して回す必要がない。
建築物用リフティングのケーブルが不用に。




                 磁気シールディグ創生の効果

航空産業:
航空輸送中の空気による摩擦抵抗を解消、ロンドンから東京までの飛行時間は30分。

宇宙開発
大気圏脱出、再突入に耐熱タイルが不要。コロンビア号のような悲惨な事故を防ぐ。
(シャトル開発の壁-耐熱タイル:日本語ウィキぺディア

水中システム:
磁気シールドが船艇と水との接触を防ぐ-深海の観測、海底の居留地建設
海洋惑星への表面着陸が可能。



                    物質変換のシステム

プラズマ リアクターは有用できる化合物にフィジョンによる分裂を起こし、元素を組み替えて望み通りの物質に再組成する。これは、リアクター(複数)か、数個のチャンバーを備えたリアクター(複数)に接続することで達成できる。廃棄物処理や再生利用システム、深宇宙探査ほかに有効。

ケッシュ プラズマ リアクターは分子を分解して
望み通りの分子に作り変える機能がある。
58ab7b63.jpg

小惑星や惑星の土は燃料の調達に利用できる。
分子を分解し望み通りの原子や分子に組み替えが可能。
小惑星の原材料が水素、水、アミノ酸、合成樹脂、
プラスティックに...

資料:ケッシュ財団ホームページ: http://www.keshefoundation.org/applications/transportation.html


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/07

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ケッシュ テクノロジーの応用: 医療 

医療への応用

はじめに

未来の遠距離宇宙トラベルにおいて、あらゆる疾患を想定して、医薬品をや医療チームを宇宙船内に搭載する事は到底出来ないだろう。今日の医学の現状では、食料よりも医薬品の方が多くなり、乗客よりも医療関係者が多いという状況となるからだ。

だからと言って、病人を宇宙や地球の医療施設に到達するまで、何ヶ月、何年も宇宙船内にそのまま留まらせる訳にもいかない。

そこで、ケッシュ財団では一つの共通したシステムで、疾患から回復させる、新しい科学の理解と推進に努め、開発、製作、テストを行って来た。このシステムは人間の体が機能するのと同様の働きをする。未来の宇宙船にこのシステムを一つ搭載すれば、宇宙において疾患からの回復処置が施せる。


紹介

非営利のケッシュ財団では、宇宙研究開発に過去35年携わった。推進力やジェットエンジンを使わずに持ち上げ、運動させるシステム、室温でナノマテリアルを生成するシステム、周りの環境から磁場を吸収し、エネルギーを生成するシステムを開発してきた。今や根本的なゴールを収め、プラズマを燃料として未来の宇宙テクノロジーに取り組む準備が出来た。

同様に過去40年の研究のすべての分野から得た知識を結集して、医療テクノロジーに応用した。新しい宇宙時代のシステムとプロセスの応用で、宇宙トラベル中に起こりうるあらゆる疾患に、簡単に対処できるという結果を得た。

2d5e0fd5.jpg


ケッシュテクノロジーの医療技術はスペーステクノロジー
に基づいている


プラズマ リアクター テクノロジー

プラズマ リアクター テクノロジー℗ は生命についての基礎知識と、物質、反物質、暗黒物質の宇宙における創造についての知識を元にしている。素粒子は、実は小さな磁場の集合体で、グループとしてまとまり、より大きくダイナミックなプラズマの場となる。

クォーク質量と呼ばれるものは、物質の中心にあるプラズマ磁場が構成要素となり、その相互作用のみにより創造される。宇宙のいかなる物質も同様だ。

69315789.jpg





プラズマリアクターの医療への応用

多種の分野にわたるテクノロジーの発展を通じて2006年6月、ケッシュ財団の構想に新しい側面が加わった。プラズマ リアクターの医療への応用だ。まずは単一コアリアクター、そして多重コアリアクターが開発、テストされた。

頭痛止めやエネルギー増強など、軽い症状に対処した最初のテストは良い結果を生んだ。2007年1月にはフルスケールのテストが行われ更に良い結果を生んだ。同年初頭に特許の申請をし、7月には、医療分野のすべての研究の成果を、ヨーロッパの特許申請の全ファイルとして提出した。

この申請には、完全なテストケースと独立した医療結果に裏づけされた書類が今後も添えられる。すべてのテストは、過去もこれからも完全な医療の記録として残される。

引き続き、医療用プラズマ リアクタ-のいくつかのプロトタイプが、疾患別に立案され開発された。これらのリアクターは、治療を施す各臓器特有の磁場の形状を基にしている。治療はプラズマの基本的概念を利用している。


人体におけるサブアトミックな(原子構成要素となる)プラズマ磁場

私達の基本概念としては、銀河、ソーラーシステム、惑星はすべて“独自のもつれを持つプラズマ磁場”(SEPMAF's -Specific Entangled Plasmatic Magnetic Fields) で出来ていると考える。

c9c79ad8.jpg

私達は生きている体はすべて、複雑でダイナミックなSEPMAF's システムであると考え、そのように扱い治療する。体の各臓器(胃、腎臓、肝臓、肺、脳、etc)、循環/脈管機能(胃脈管、リンパ管、神経)分泌腺、骨、筋肉、その他の内容物(血液、細胞、DNA、RNA、遺伝子)も 同様に SEPMAF'sとみなし治療を施す。病気や慢性病は体のSEPMAF'sのバランスが崩れた際に生じると考えられる。


医療保険への適用証書
ベルギーの自然療法合法組織であるNaturopathicaより、ケッシュプラズマ療法が、新しい生態エネルギー療法として認められ、医療グループ保険の適用に認可されたという手紙 
(2011年11月26日付)
http://www.keshefoundation.org/applications/licensing/206-naturopathica-certificate-of-acceptance-en.html



Keshe Health Application
テストケースの例、ボランティアの患者さんからの手紙など P49~
http://www.scribd.com/doc/133467867/Keshe-Foundation-Fundamental-Evolution-in-Energy-and-Health-April-2012



疾患

筋萎縮性側索硬化症:
筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、amyotrophic lateral sclerosis、通称ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は確立されていない。
有名な患者ルー・ゲーリッグ(MLB選手)から、ルー・ゲーリッグ病(Lou Gehrig's disease) とも呼ばれるが[1]、ゲーリッグは別の病気にかかっていたという説もある[2]。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/筋萎縮性側索硬化症
4f758514.jpg

 MRI画像が示すT2シグナルの増加 




脳瘍腫:
脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/脳腫瘍
ef2797b7.jpg





パーキンソン病:
パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候(錐体外路症状)を示す進行性の疾患である。神経変性疾患の一つであり、その中でもアルツハイマー病についで頻度の高い疾患と考えられている[1]。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本疾患と似た症状を来たすものを、原因を問わず総称してパーキンソン症候群と呼ぶ。本症はパーキンソン症候群の一つであるということもできる。
中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合も増える。主な症状は安静時の振戦 (手足のふるえ)、筋強剛 (手足の曲げ伸ばしが固くなる)、無動・動作緩慢などの運動症状だが、様々な全身症状・精神症状も合併する。進行性の病気だが症状の進み具合は通常遅いため、いつ始まったのか本人も気づかないことが多く、また経過も長い。
根本的な治療法は2012年現在まだ確立していないが、対症的療法 (症状を緩和するための治療法) は数十年にわたって研究・発展しており、予後の延長やQOLの向上につながっている。また20世紀末ごろから遺伝子研究・分子生物学の発展に伴いパーキンソン病の原因に迫る研究も進んでおり、根本治療の確立に向けての努力が行われている。日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソン病
806c8010.jpg

ウィリアム・リチャード・ガワーズ『神経系
疾患マニュアル』(1886年)に記載された
パーキンソン病のイラスト 
顔に表情がなく歩くのが困難と見られる




悪性腫瘍:
悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍、良性腫瘍と悪性腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、また転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる。 日本語ウィキペディア: https://ja.wikipedia.org/wiki/悪性腫瘍
2507c050.jpg

癌の移転の症状は腫瘍の場所による




昏睡:
昏睡(こんすい、coma)とは意識障害の一つ。意識障害の中で最も重いものである。
外部からどのような刺激が加えられても反応がない状態とされる。ただ、脊髄反射は認められる。また、痛み刺激に顔を少ししかめる患者も昏睡に含められる医学論文が多くある。その場合でも、「痛み刺激に対し全く反応しない(JCS300)」が、深昏睡とされる。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/昏睡
f30b4501.jpg

     昏睡患者の治療室





慢性閉塞性肺疾患:
慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん; COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり死よりも恐ろしい病気として知られている。
様々な有毒なガスや微粒子の吸入、特に喫煙(受動喫煙を含む)がきっかけになり[1]、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/慢性閉塞性肺疾患
7b22dd8f.jpg

喫煙に特有の小葉中心型肺気腫を表す肺の
肉眼像。この固定され、切り取られた肺の外
観のクローズアップは重質黒色炭素堆積物に
より満たされた多数の腔を表す。




てんかん:
てんかん(癲癇、Epilepsy)とは、脳細胞のネットワークに起きる異常な神経活動(以下、てんかん放電)のためてんかん発作を来す疾患あるいは症状である。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではG40である。WHOによる定義によるとてんかんとは『種種の病因によってもたらされる慢性の脳疾患であり、大脳ニューロンの過剰な放電から由来する反復性の発作(てんかん発作)を主徴とし、それに変異に富んだ臨床ならびに検査所見の表出が伴う』とされている。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/てんかん 
b301104f.jpg

 緊張性発作(上) 間代性発作(下)




多発性硬化症:
多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患である。日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/多発性硬化症
c2845ae4.jpg

 健康な神経(左)と損傷を伴う神経(右)



資料:
Keshe Foundation Website:
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/foreword-introduction.html
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/health-applications/111-health-applications-of-plasma-reactors-en.html
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/diseases.html
The Keshe Foundation Fundamental evolutin in Energy and Health http://www.scribd.com/doc/133467867/Keshe-Foundation-Fundamental-Evolution-in-Energy-and-Health-April-2012


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/06

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ブログのトップページ


      ケッシュテクノロジーの応用:環境と農業

カテゴリー:環境と農業

汚染浄化システム

化学物質の流出や放射能漏れを浄化するシステムでは、並行磁気引力の原則(parallel magnetic attraction principle )技術を利用する。対象となる汚染物質の原子構造の磁場に対応する、正反対の磁場を発生させる事で、リアクターが磁石の塊のような働きをし、公害物質を吸引し汚染の浄化を成し遂げる。

二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、亜硫酸ガス(SO2) 浄化システム
CO2の浄化:車の排気管や工場から排出されるCO2は、リアクターの炉心(core)にCO2ガスを通過させ、クリーンな水と炭素に変換できる。このシステムは、NOx、SO2の浄化にも適用できる。

c83d2589.jpg

ケッシュ プラズマ リアクターは、車やトラック、
産業プラント、機械etc. からの、あらゆるCO2
排気を浄化できる。

ec3737f7.jpg


ケッシュ プラズマ リアクターは、何年にもわたる動力を持ち、
あらゆる産業の工程で利用できる。

ペットボトルやプラスティックなどの廃棄物から炭素原子が生成できる。水処理システムでは、プラスティック コーラ ボトルを使った、炭素原子を付着させる(純粋なプラズマ条件の下)方法と同様に、クロミウム6のような元素を除去することもできる。すべて室温、標準気圧で行われる。

e12d593e.jpg



CO2生成に技術を応用できる
CO2とCH4(メタンガスを空気中から直接取り込めることが
IR/XRD スペクトロスコピー(分光分析)により実証された。
研究論文

The CO2 SOLUTION! - CO2問題の解決!/CO2溶液
CO2とCH4を空気中から直接吸収、室温で固形化し、エネルギーを生成する新しい技術。 
室温で固形化されたCO2の写真

72c25d66.jpg


この新しい研究開発については二冊目の本に記されている



タネを使った実験

今年も北半球に春が到来する。3年前のタネのテストに続き、異なる環境下でタネを育て、財団の技術を試すための実験を行う。

9b331163.jpg


プロポーザル(企画案)
1.タネと通常の水
2.タネの成長のために開発された特別のシステムからの水やりをする
3.タネをナノマテリアル環境下で培養し育てる
4.タネを土壌で育て、水やりをする
5.タネを土壌で育て、システムからの水やりをする
6.タネを土壌で育て、水やりをする、土はナノマテリアルを含む
7.タネを土壌で育て、水やりをする、タネは液状物質内にあるが、空気中よりナノ溶液を直接吸収する(空気中から養分を吸収する)

実験には3~6ヶ月を要する。各試みには50粒ほどのタネを用いる。タネの量を増やしたり、バリエーションを加えることも可能なので、示唆して欲しい。

財団が開発した技術の使用で、タネはより早く成長し、より多くの収穫を得、これらの水とシステムを利用すれば、肥料の必要性が無くなると考えている。タネは必要な物を必要に応じ、環境か地中から得ることが出来るからだ。これ(この検証)がこの実験の目的だ。

まず、以前の実験から、処理された水、またはナノCO2溶液で育てられたタネはより早く、良く育つはずだと考える。では、処理された水とCO2の使用で、環境に左右されずに収穫を実らすことが出来るか?

ナノ溶液はタネを包み、保護し栄養の取入れをコントロールする役目を果たす。だとしたら、干ばつや氷点下の環境でも同じ量の収穫ができるか?

他の実験では、植物は外部の環境条件に関係なく、植物に植えつけられたナノ構造を通じて水分を必要に応じ、外部環境より吸収できることが観察できた。自然なナノマテリアルが成長周期(growth cycle)に自然に入れば、タネは霜や乾燥に耐えられる様になるかも知れない、と考えている。

これらの実験に興味がある。または、タネについて、栽培の過程について何か提案があればホームページのフォーラムにどうぞ。

財団では共にこの実験をしたいというボランティアにタネを送る用意がある。後に議論の余地がないよう、種の初期状態(initial history)については伏せておく事にする。成長の様子の写真を毎週載せることで、成長を比べることも出来る。私たち以外は受け取る物が何なのかは判らないので、可能であれば、これらのテストは二重に目隠しされる事になる。その上でタネの成長について皆が報告をする。

もしこの実験の、結果ではなく、世界規模で科学共同体として皆で実験を行うという過程が成功すれば、テクノロジーの他の分野についても同じプロセスをスタートさせる。そうなれば、今後はテクノロジーは共同体内で人々のために、人々により観察、テスト、利用される。私たちがどのように生産するかを教え、あなたは自国の農業共同体にそれを伝えることで、あなたの国では自給自足が出来るようになる。

財団の、この空気から直接得られる世界食料開発に加わり、テクノロジーの発展を理解したいと思うなら、勇気を出してこの実験に参加して欲しい。あなたについての詳細を財団宛にeメールで送ってもらえれば(info@keshfoundation.com)こちらから、このプログラムでは何を、どの様にすることが可能なのかを追って連絡する。

この活動の理由は、ベルギーに来て財団の生徒となって学びたいというeメールをたくさん受け取るからだ。国に留まっていて下さい。私たちがテクノロジーをあなたの国の発展のために届ける。そうすれば、財団の技術をあなたの国で実験をするという同じシステムで、次はエネルギーと宇宙...と如何に全ての財団のテクノロジーをあなたの国にもたらすことが出来るかを皆で同時に学ぶことが出来る。

2011年は財団の持つ知識を広く解放する年だ。ヨーロッパでの講演やプレゼンテーションが始まった。今後、その場に来れないすべての人々にはこちらから知識をもたらしていく。

私たちはあなたを通じて、あなたとその国のために最大限の努力をし活動する。この扉を開けるかどうかはあなた次第だ。

このプログラムに関する私たちのモットーは、世界に食料を与えることではなく、十分な食料、エネルギー、住環境を自給自足し、快適な暮らしを得る方法を世界に教え始めることだ。

これは3年ほど前に財団が発表したオアシスプログラムのほんの始まりだ。今や私たちのテクノロジーを広く公に開放する準備が整った。

資料: ケッシュ財団ホームページ http://www.keshefoundation.org/applications/environment-agriculture.html



....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

2013/01/05

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ライセンスと特許権

カテゴリー:ライセンス

Naturapathca 医療保険への認可
92e5e77d.jpg


ベルギーの自然療法合法組織であるNaturopathica より、ケッシュプラズマ療法が、新しい生態エネルギー療法として認められ、医療グループ保険の適用に認可された。 
2011年11月11日付文書
http://www.keshefoundation.org/applications/licensing/206-naturopathica-certificate-of-acceptance-en.html



ライセンスと特許権

カテゴリー:ライセンス

Keshe Technologies N.V.(i.o) は、ケッシュ財団より正式に認可され、いかなる個人、または団体と財団のテクノロジーの開発について、交渉に応じる用意がある。契約条件は個別に対応する。

知識移転

契約条件は明瞭で、確固たるものである。ライセンスの認可を受けた者は、その者が応用する技術内において全ての側面から、いかようにも商業化する権利が与えられる。ライセンスの認可を受けた者は、その者の知識をケッシュ中央知識センターに移転する。センターでは、認可を受けた者すべてが、ライセンスを持つ他の会社の可視化された情報とデータを入手できる。これにより、必要不可欠な情報の利用が可能になり、このテクノロジーのすべての側面についての開発達成が素早くなる。
このような事をする理由は単純である。私達はライセンスの認可を受けた者が成功するよう、可能な限り手助けをする。但し、私達がそうするように、あなたの組織も知識という果実を他の者と分かち合う、という勇気があるならばだ。何故なら、このケーキ(利益)は一人で食べるにはあまりにも大きすぎるからだ。

ライセンスに興味のある、正規に確立された企業は、認可と財団のテクノロジーについての更なる詳細に入る前に、ケッシュ財団との間で秘密保持契約 (Non-Disclosure Agreement -NDA)に合意の上、署名する必要がある。相互秘密保持契約書のダウンロード http://www.keshefoundation.org/pdfs/NDA_%28KesheFoundation%29.doc

PDFファイル:ケッシュテクノロジーの紹介(スタティック&ダイナミック)プラズマリアクター
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Intro.pdf

PDFファイル:プラズマ リアクターの自動車への応用
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Cars.pdf

PDFファイル:プラズマ リアクターのバッテリーへの応用
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Batteries.pdf

PDFファイル:プラズマ リアクター宇宙への応用
http://www.keshefoundation.org/pdfs/Space.pdf

PDFファイル:災害時用オアシスプロジェクト
http://www.keshefoundation.org/pdfs/water.pdf




知的財産権

特許協力条約下の世界知的所有権機関(WIPO/OMPIジュネーブ)の欧州特許庁に、いくつかの特許がすでに申請済みである。2007年4月に欧州特許庁(EPO: European Patent Organization)により特許の申請が2件発行されている。

Mehran Keshe 欧州特許申請 http://ep.espacenet.com/searchResults?PA=keshe&locale=nl_BE&DB=ep.espacenet.com

重力とエネルギーのシステム: Gravitational and energy system http://ep.espacenet.com/publicationDetails/biblio?FT=D&date=20070404&DB=ep.espacenet.com&locale=nl_BE&CC=EP&NR=1770717A1&KC=A1&ND=4

マイクロ プラズマ リアクター: Micro plasma reactor http://ep.espacenet.com/publicationDetails/biblio?FT=D&date=20070404&DB=ep.espacenet.com&locale=nl_BE&CC=EP&NR=1770715A1&KC=A1&ND=4

a72dd269.jpg



個人の医師らの協力により、医療分野におけるテストに成功し、2007年7月には「医療と食物プロセッシングにおけるプラズマ リアクター」と題する新たな欧州特許を申請した。

資料: ケッシュ財団ホームページ: http://www.keshefoundation.org/applications/licensing.html


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)