2014/07/07

ケッシュ氏から世界的な宗教指導者に向けて、平和確立のための会合への参加を促す招待状が再度おくられた。(7/6付)

聖職者、Carolina De Roose に宛てた手紙の内容:

原文: https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=619837351457363&id=126388777468892


Carolina De Roose 猊下

ケッシュ財団では猊下をはじめ世界的宗教の指導者の方々を、2014年7月14日のイタリアでの緊急会合にご招待した。この会合の目的は創造の起源を通じてすべての宗教はひとつであるという和をもたらすことだ。

ほとんどの戦争は宗教が原因である。それをすべて終結させるため、どの宗教にとっても戦争行為は犯罪であることとし、戦争参加、武器開発、紛争の扇動行為を禁止する、という宣言を共同でして頂くことが目的である。

ケッシュ財団が開発した新テクノロジーにより人類はもうすぐ宇宙的な共同体に地位を得る。広大な宇宙には教会やモスク、寺院は存在しない。

よって、人類が宇宙創造の本質を知るにあたり、宗教や政治、領域を巡るいかなる紛争や争いも必要ないことへの理解を促すために、まず地球上の宗教指導者たちを招待する。

大量に人々を宇宙に送り出すテクノロジーを公開する前に、私たちは世界的な宗教のすべての指導者らにこの緊急会合への招待状を送った。

普通の人々が信仰の教えから遠ざかり、指導者たちが人々の後に追い付いて行く、ということがないように、宗教指導者らにこの科学の発展をリードして行ってもらいたい。

猊下の宗教からは誰が何名この会合に参加する予定か、どうか電話かEメールにて返事をして欲しい。この会合は平和や宗教統一の討議会ではない。これは科学に基く、これから来るべき変化を率直に示し説明することと、すべての宗教の救援が目的である。

新テクノロジーにより宇宙は人類に開かれた。私たちは宇宙、エネルギー、新物質、食料、医療における新しい科学を提示した。これらは宇宙の節理に基づいている。これにより現在の推進力による宇宙テクノロジーは終焉を迎える。

会合の日程は2014年6月30日に予定されていたが、ある指導者らは招待状を受け取っていなかったという確認が取れたために2014年7月14日に延期された。

私たちはすでにいくつかの世界的宗教団体から参加するという返事を確認している。

この会合についてはインターネットを通じて、世界中の何百万という人々に広く知れ渡っている。これはケッシュ財団のテクノロジー開発を通じて組織された人々で宗教に基くものではない。

これを成功させるには可視化することが重要であるので、この手紙のコピーと招待を受けた宗教的指導者の方々のリストも公表する予定である。

最初の招待状は猊下の事務局の方に、2014年6月16日に手渡しで届けられている。コピーを同封する。

敬愛を込めて、

MT Keshe
ケッシュ財団代表
 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ポン太   2014/07/08 02:06
富と権力に溺れた宗教指導者達が自らの意志で、自分達の既得権益を手放すのは至難の業でしょうね。
彼らにとっては宇宙創造の秘密とか神の秘密なんていうのはどうでもいいこでしょうから。
逆にNWOの黒幕たちと同じで秘密がオープンになると一番困る人達ですからね(笑)

微かな希望は東洋の仏教、日本の神道のおおらかさが存在していうということですかね・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字