2013/11/07

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

元記事: MTKeshe started a topic ​Cortisone in Health 11-05-2013

ケッシュ氏が始めた新スレッド:コルチゾン 2013年11月5日付

財団では、コルチゾンはどのような過程を経て、人の体と相互作用して副作用を起こすのか、というコルチゾンの働きを理解する上で重要な節目に到達した。


コルチゾンによる損傷から逆戻り (回復させるテストは、2004年に最初に行われ、素晴らしい成功を収めた。

今、私たちは更に進み、この物質の構造を理解し、それがどのように神経系をふさいで、体重の増加や他の副作用を起こすのかを理解した。

この新たな理解から、このホルモンを注射、または服用その他の方法で追加物として取り入れた際の、副作用を止めることは容易である。

医師は患者にコルチゾンの副作用を克服させ、いかにこの薬品の恩恵に預からせる手助けができるのか、という論文をじきに発表する。

興味のある方々のために言うと、これらの答えは体内でのガンズの働きにある。合成や天然のビタミンの摂取と同じ働きで、合成のビタミンを取りすぎると、体は余剰分を受け付けない。

しかし、コルチゾンの場合はその残り分を維持する誤った環境を作り出し、体の脂肪その他の成分と相互作用し副作用として表れる。

コルチゾンは炎症抑制作用のある薬品として、容易に用いられているが、実際にはその過程でそれ自体が炎症を起こし、体内に複数の貯蔵タンクを作り出す。作り出した貯蔵タンクを自分で取り除くことはしないので、それが新たな表面張力(炎症)として体にとって痛みと呼ばれるものとなる。

コルチゾンは腺と位置のバランスを取っていて、それ自体の生産をコントロールしている。これが、なぜ、いかに水分と炎症をコントロールしているか、ということの答えだ。

炎症を不要な貯蔵タンクと定義しなおすと、この同じホルモンがどのように副作用を起こすのか、というすべての働きを理解するだろう。

私たちの研究から、この新世代の発見を簡単なやり方で利用すれば、人の体は何世紀にもわたり、その若さを保つことが出来ることは明らかだ。

現実にコルチゾンと、その生産、バランスをコントロールしている腺は、命と若さの源なのである。


MT Keshe

.........................................................................................................

日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団では発表しています。安倍総理に、情報を公開し原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字