2014/07/02

ワームホールとは、もしも通過可能な構造であれば、光速より早く時空を移動できる数学上の可能性の領域。(→ http://ja.wikipedia.org/wiki/ワームホール )ケッシュ理論によると、プラズマの中心にはそれに類似した領域が存在するらしい。プラズマ内には物質磁場の3態(=物質+反物質+暗黒物質)があるが別の領域もあり、それらが一体となって全体を調整しながらプラズマを構成しているようだ。

以下、
1)マグラブス(磁場+重力場)って何? 
2)物質、反物質、暗黒物質は三位一体となっている  

のつづきで、ケッシュ氏の著書 「物質の創造における普遍的秩序」からの要約。



トーラス場の力の創生

元の三つの群れA、B、C の残りのプラズマ磁場の相互作用と、動的(ダイナミック)なG1、G2、G3の性質により、残りのプラズマ磁場のいくつかはG1、G2、G3の中心に位置して回転し、3つの重力磁場(マグラブス)を連結させる力となる。(図13-F1) 
 G1、G2、G3は動的な存在で継続的に運動しているためにエネルギーとモーメンタム(運動量)を失う。そこで内側にあるF1領域に接触する事でモーメンタムを得る。

17
図13:元の三つの群れの、強度が異なる残りの
プラズマ磁場の相互作用により、球状のトーラスが
中心にできる。


F1領域のプラズマ磁場の強度は同等ではないために物質磁場の3態にはなれず、重力磁場(マグラブス)が創生できないため、この中心部分は重力に欠ける。
このF1領域は動的な3つの重力磁場(マグラブス)に囲まれた、重力の場が欠損しているトーラス
状の力の場に例えることができる。(図13、14)

実際、F1のプラズマ磁場は部分的にエネルギーに変換されることでプラズマは全体としての動的なバランスを保っている。これは自然なプロセスで宇宙のプラズマの内的構造であると考えられる。F1のような動的で球状の重力に欠ける領域は一般に宇宙でワームホールと呼ばれているもので、過去に科学者はこのような領域では光速に近いスピードで移動ができると仮定した。

この動的な磁場領域との接触で、物体のスピードの加速が可能だと考えられる。これはプラズマの構造内でのジェット気流に乗った高速移動とそれほどかけ離れた話ではない。だが銀河でのワームホールについては、スピードも行き着く場所もおそらくコントロールは出来ない。

宇宙にはプラズマ内の物質磁場や物理的な物質の運動加速に利用可能な、F1の
動的なプラズマ磁場が点在している。これらの場所を見つけるのは創生のプロセスとポジショニングを理解すればそれほど難しいことではない。


19
14:基本的なプラズマを構成するプラズマ磁場とその力


 


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字