2014/05/25

国際刑事裁判所宛に、ケッシュ氏による以下の書簡が送付されたようです。賛同してくれるサポーターの方々に同様の要求をメールで検察官宛に送って欲しいとのPDF文書が公開されています。

原文: https://docs.google.com/file/d/0B5adc43O6AoRdVRLUVVZaTJPWGc/edit?pli=1

概要:


この書簡を送る理由は以下の通りである。私は核物理学者として、オランダに本部を置くケッシュ
財団の理事を努める。いくつかの著書を出版し、これらは他の言語に翻訳され、宇宙、エネルギー、医療、ナノテクノロジーの分野で科学界に突破口を開く革新技術だとみなされている。私は特許や発表済み、未発表の文献を含むすべての知的財産権を所有する。私の没後、権利のすべては、財団に政治、宗教、科学の3つを軸とした評議会を設けて運営されるように手配されている。

開発されたテクノロジーや新たな発見は、科学界を根底からくつがえす新しい技術であり、人類に平和と知識をもたらす。これは2012年、世界の首脳たちにUSBスティックとして手渡され、すでに世界人口の70%にあたる世界政府が受け取っている。各国政府に技術の検証をする時間を与えた後、2014年3月15日、USBスティックの内容はインターネットを通じて全世界に公開された。このパテントのダウンロードは、すでに
100万回を越えている。


私の知識と知的財産権のすべては人類に与えれるものだ。だがその結果、このような技術を独占して悪用しようとする者が現れ、私や家族に対して暗殺や投獄が企てられるようになった。過去10年間に3回の暗殺未遂と3回の亡命、カナダの空港で11日間の拘束を受けた。

私たち研究者は、属する国によりコントロールされるという理由で法的に弱い立場にある。研究者は政府や組織により知的財産にアクセスされ、不利益をもたらすと見なされる新技術の公開を阻止された。国は警察、司法、機密機関を操り、意に沿わない場合には、研究者は脅され、投獄され、抹殺されてきた。

よって、国連、国際刑事裁判所、人権裁判所を通じて、この人道に反する犯罪からの世界中の科学者たちの公式な保護を今ここに求める。

この書簡の目的は、私や他の科学者を守るためだけではなく、人類に変革をもたらすこの新テクノロジーの開発をしていく次世代の科学者たちが、新たな犠牲者とならないようにするためでもある。

私の命や存在は重要ではない。私は世界平和のプロセスを始めるのに必要なすべての知識を人類に与えた。これから先、もっと革新的で先鋭なテクノロジーを生み出していく科学者たちがいる。科学者らの成し遂げる業績は人類に属するもので、個人や国家が独占できるものではない。よって人類はひとつとなって犯罪行為に立ち向かう準備が必要である。


私たちに対して行われて来た長年にわたる犯罪行為や、私が主張してきた事柄については確固たる証拠が提出できる。暗殺から逃れて過去の12ヶ月、私は家族と共にイタリアに亡命している。国際裁判所の裁判官の前ですべてを証言する用意が出来ている。

この書簡をもって、これらの犯罪に加担した者たち、以下3名の起訴を求めるものである。これらの者は多くの犯罪行為に直接かかわりながら、政治的、国際的、または警察内部の保護の元に事実を隠蔽してきた。

このケースは将来的に科学界を助ける上での前例となり、世界中の人々がこの問題について注目することになる。欧州における彼らの影響力は根強いものがあるので、調査には欧州以外の人間を起用するよう求める。

 

以下のものについての捜査取調べ、および起訴を求める。

1.ベルギー前国王、Albert ll ( Albert Felix Humbert Theodor Christian Eugen Maria von Belgien

2. Hans Bracquené(ベルギー)、弁護士でEuropean Space AgencyESAの理事。犯罪組織に加担し、脅迫や抹殺すべき科学者の査定係りを努める。

3.Martin Delanoye(ベルギー)、ベルギーのKortrijk 管轄警察署員で、上記二者のための文書偽造、警察権力の悪用、証人への脅迫、科学者の殺害に関る。

 

MT Keshe

Keshe 財団、世界の科学者、人類を代表して、
同文書の写し(原文)は書留にて国際刑事裁判所へ郵送されるものである。

 

 

 

研究者やサポーターの方で、この要求書の内容を支持してくれるなら、以下の旨をオランダのハーグにある国際刑事裁判所の下記のメールアドレス宛に送ってもらいたい。

メールアドレス:
otp.informationdesk@icc-cpi.int

国際刑事裁判所検察官:
Honourable F.Bensouda 宛

上記書簡を受け入れ、文中で述べられた人物他による殺害および世界の科学界に対して行われた犯罪に関しての取調べの手続きを開始していただくようお願いします。

名まえ:
苗字:
国籍:
居住国:
連絡先:
日付:


翻訳ここまで

---------------------------------------------------------------------------------

原文のPDFファイルはコピーが出来ませんでしたので、下記の文書を送りました。

(インターネット上の下記アドレスに掲載された書簡を受け入れ、文中で述べられた人物他による人道に反する犯罪および世界の科学界に対して行われた犯罪に関しての取調べの手続きを開始していただくようお願いします。)

Her Honorable Fatou Bensouda,

I request to international criminal court of Den Haag in Netherland and its chief prosecutor, Her Honorable Fatou Bensouda, to accept the content of the a letter uploaded on the address below and start the proceedings as stated in respect to the mentioned names, and others who comitted crimes against humanity and scientists around the world.

https://docs.google.com/file/d/0B5adc43O6AoRdVRLUVVZaTJPWGc/edit?pli=1




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ドM   2014/05/25 09:12
ダウンロードしてAdobe Readerで開けばコピペできるよ。
2. Posted by chizuko   2014/05/25 20:51
そうですか、ダウンロードしてみたのですがうまく開けられなかったので念のため、こうしておきました。どうもです。
3. Posted by chanel replica   2014/06/03 18:04
次の打上げ試験に用いる新型エンジンの燃焼試験に成功しました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字