2013/10/27

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

論文のダウンロード元:http://www.keshefoundation.org/latest-papers/pdf/1.html

医療に関する研究発表-ホメオパシ-(1) (2)  (3) (4) (5)

6

ホメオパシーの過程では、アルコールも使われる。アルコールは水よりも、有効性をより長く保ち、乾燥した物質に使われる。(図5)

エチルアルコール(C2H5OH) も使われる。アルコールと水を混合してマザー チンンクチャー(原液) を作る。酸素はより磁性が強く、この過程では主として物質中の酸素が、磁場の再配置 (realign) を起こす役割を果たす。


F5

このため、水は磁化することができる。または酸素原子の電子は、振とうのプロセスの長さと強さの度合いに応じて、異なる再配列が出来るとも言える。

磁化された鉄の構造のように、同じ強度の磁場重力場 (Magravs ①)をもつ、水中のいくつかの原子は、同様の磁場重力場内に電磁的に配列される。液体内や、人の体のガンズ (Gans ②) 状態においては、酸素は同様の働きをする。


新しい理解に基づく解釈

現在の科学研究者、研究機関に知られていない興味深い点は、酸素原子の磁場重力場の強度は、一律ではないということだ。植物や樹木が酸素を処理して放出するため、人や動物が吸い込む酸素は、磁場重力場の強度が混合されて成り立っている。物質で言えば、酸素には同位体元素が1つ以上あるようなもで、この場合は異なる磁場重力場をもつ。

たとえ、物質レベルにおいて、すべての酸素原子は同じに見えても、地球の植物体系の多様性は、様々な磁場重力場をもつ酸素を放出させる結果となる。

宇宙のすべての元素に物理的な同位体があるように、磁場重力場の強度にも同位体があり、強度が異なる種類がある。

同様に、ガンズ状態の酸素原子も磁場重力場の強度にスペクトルをもつ。酸素の磁場重力場の強度は、何により放出されたかによって異なる。よって、樹木により放出された酸素の磁場重力場の強度は、潅木や薬草により放出されたそれとは異なる。③

 

① Magravs: 共存関係にある磁力(斥力) と 重力(引力) を意味する。MTケッシュの著書「物質の創造における普遍的秩序」(The Universal Order of Creation of Matters)、「光の構造」(The Structure of the Light)、「宇宙の起源」(The Origin of the Universe) の中で、詳しく説明されている。

② Gans:上記の出版物を参照 (新しく定義された物質の状態で、ガスの分子がナノ状になり、見かけ上は固形である状態のこと。 GAs to Nano of Solid = Gans 「The Origin of the Universe」より )


③ MTケッシュにより発表予定の論文「肺と血液」 (The lung and blood)で、異なる植物や潅木からの異なる酸素では、異なるMagravs 強度が創られる原理について、説明されている。




このため人は、地球の大気中にある、磁場重力場のあらゆるレベルの強度をもつ酸素を、肺に吸い込む。当然、人の体はこれらすべての、磁場重力場の同位体、異なる磁場重力場スペクトルを吸収する。

酸素原子の強度は、存在物(植物、薬草、樹木)の、地表からの距離と位置にもかなり左右される。(このトピックの内容については、出版予定のMT Keshe の著書「太陽系の創造」(Creation of Solar Systems)  の中で更に触れる)

酸素の磁場重力場には、このように様々なレベルがあるので、大気中や湖の水には、強度の異なる磁場重力場が混合している。人間の体内の水も、同じく自然を源としているので、異なる磁場重力場の強度をもつ酸素を含んでいる。

続きを読む
 

.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団では発表しています。安倍総理に、情報を公開し原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字