2013/10/19

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


元記事: MTKeshe started a topic Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) in Systems 10-16-2013

ケッシュ氏が始めた新スレッド:筋萎縮性側索硬化症 (ALS)  

2013年10月16日付

ケッシュ財団では、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) として知られる疾患についての、初の医療ビデオと、それに伴う論文を今日公開した。

この論文の公開に伴い、ケッシュ慈善財団の歴史上はじめて、最も強固に防護されて来た研究プログラムの一端が垣間見れるよう、般公開に向けて扉を開いた。これは、スペースシップ プログラム プラズマ テクノロジー、医療分野の応用で、現在の科学や医療の世界では解決のできない病を克服し、そして/または(病状を)逆戻りさせる。


私たちはスペースシップ プログラムで医療部門を開発した。何故なら将来の、長期にわたる深宇宙トラベルでは、人々の健康面での需要をカバーするために必要な、すべての医薬品や医師を随行することは出来ないと信じるからだ。予期されるすべての医療への需要に備えるには、船艇には食料より多くの医薬品、乗客より多くの医師が要る。

私たちの医療プログラムは、人の細胞の磁力・重力構造的な、根源の基礎と病気の原因を理解することから出発した。そして、人の体と同じように働く、ひとつの医療統合システムを構築する努力をしている。単に人体のシステムに操作を調節することで、宇宙でのあらゆる病に対応でき、問題の克服に役立つ


プラズマ テクノロジーの開発と、その応用という見地から見れば、
筋萎縮性側索硬化症 (ALS)は、もはや医師からの死の宣告を意味しない。その同じ医師は患者に、この死に至る病から命は救えない、現代の科学ではどうする事もできないのだ、と言うであろうが。現在の医学界は、筋萎縮性側索硬化症の原因、どのようなプロセスでそれが人体に引き起こされるのかを説明できない。

私たちの研究により、筋萎縮性側索硬化症 (ALS)は、もし発見のタイミングが良く、有脳な医師らが対処すれば、ほとんどの場合
(病状を)逆戻りさせることができる、と自信をもって提言できる。

ALSに関するYouTubeビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=sw1Y3Z7NJfs

ALSに関する研究論文
http://www.keshefoundation.org/latest-papers/download/5.html



-------------------------------------------------------------------


元記事:MTKeshe replied a topic Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) in Systems 10-17 -2013


スレッド:筋萎縮性側索硬化症 (ALS) へのケッシュ氏の投稿 
2013年10月17日付

 

ビデオをご覧になった方々より、筋萎縮性側索硬化症 (ALS)について更に詳しく訊きたいという要望があったので、フォームを今日掲載する。

 

質問または、ALSプログラムとその開発に参加されたい方は、こちらに連絡して下さい。

 

als@keshefoundation.com



.........................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。安倍総理に、情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。→ 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字