2014/03/12

元記事:MTKeshe started a topic The Keshe Foundation's Roadmap of 2014 being implemented in Keshe Official 03-10-2014

ケッシュ氏が始めたスレッド:ケッシュ財団2014年指針の実現に向けて
2014年3月10日付  



(財団の)サイトとフォーラムは改定されつつある。遠隔地から投稿の承認をする代わりに、知識探求者(研究生)がコントロールして、他の研究者(panel)の質問にすべて直接答えられるようにする。


これまでの投稿は整理してアップロードする、遅れて申し訳ない。


ケッシュ財団は、きわめて重要な時期に差しかかっていて、この新たなチャレンジにどう向かい、どう答えていくか、知識探求者たちに直接協力してもらう必要がある。


2014年の指針の実現に向けて、下記の取り組みを開始する。
 

1.今年、新しい宇宙船を構築することは優先事項で、開発はすでに始まっている。今週、それが事業開発の段階に入る。


今年の終わりまでには、最初の宇宙船の発進と飛行をする計画だ。追って更に報告をする。


宇宙船の異なる部分のパーツをデザインしテストするのを手伝ってくれる科学者が必要だ。
 

船艇の各システムのコントロールのため、コンピューターのプログラマーを必要としている。気体(gas)と食料の保管のコントロール、また宇宙技術の専門家も必要だ。


これらの宇宙船に乗るためには無重力状態となる必要がない。イタリア北部からの飛行が計画されていてる。システムを直接応用しての、遊泳飛行は現在のジェット旅客機の内部状況と同じなので、(無重力) トレーニングの必要がない。ただ違いは、船艇のリアクターによって重力が自然に作られるということだ。


2.ケッシュ財団では、これらの船艇の発進については今年と来年とに計画している。追ってワークショップで更に発表する。


私たちは、つてを通じてNASAとボーイング社に研究所に来るように、または科学者を送ってもらえるようにと招待した。出来れば最初の宇宙船を共同で開発したいと願っている。


今月、世界中の他の宇宙開発グループにも共同開発を呼びかける。


3.2014年5月にコースが始まる予定の第二グループの知識探求者、25名までのリクルートに着手する。


.世界中の政府と人々のために、世界平和会議を4月か5月に催す計画を始めた。そこで、世界平和を施行するためのプラットフォームとして、財団の新しいテクノロジーを発表する。


5.今年の9月か12月に250名の知識探求者を研究所に受け入れるためのプログラムを、今月開始する。


6.これから、医療の施設 (部門?) 開発と利用について教えるプログラムに着手する。


.二酸化炭素を吸引するシステムの作り方を教えるプログラムに着手する。除染のビデオのように、録画かライブでケッシュ財団研究所から直接報告し、システムの製造と仕組みについて伝えるセッションを行う。


これらのプロセスや飛行によって得られるすべての知識は、私たちからの贈り物として、人類のより良い生活と平和な環境づくりのために無条件で世界中の人々に開放される。こうして、私たちは皆が奉仕をして実りある生活を送れるようになる。人類は宇宙共同体への扉を開ける最終段階に入ることができる。

MT Keshe
ケッシュ財団指揮者


---------------------------------------------------------------------------------

第2回知識探求者(研究生)ワークショップが配信されます。

主なトピック:宇宙船システム
日にち:2014年3月13日(木)
日本時間:午後4時~
アドレス:http://www.livestream.com/kesheworkshop


元の記事: https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=736602639692274&id=126388777468892&stream_ref=10

.........................................................................................................
ケッシュ財団新テクノロジーの情報を開示し、各国と協力して原発事故処理に最優先で取り組むよう、安倍総理にメッセージを送って下さい。 → 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)
 




トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字