2014/02/27

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム 

たった今進行中のワークショップの中で、ケッシュ財団の技術が抑圧され、ケッシュ氏の命が危険にさらされてきた歴史と、それに関ってきた人々やその組織の具体的な名前やその行為が明らかにされました。

ケッシュ氏は、地球上のすべての人々に豊かな暮らしと、戦争のない平和な世界の実現を可能にする、この技術の公開に踏み切り、まず福島の原発事故処理を実現し、そしてこの技術を広く世界的に実用化していくために、たくさんの人々に財団の活動に参加してくれるようにと協力を呼びかけました。

また、財団でスタートしたスペースシップ・インスティチュートの研究生は、学んだ技術を人種や信教に関りなく、それぞれの言語で人々にこれから伝えていく、ということを明確に述べました。

この情報を拡散し、メディアに報道するよう働きかけていくことをまずして欲しい、とのことです。

ご協力をよろしくお願いいたします。

ケシュ財団に関する知られざる真実の公開
 




.........................................................................................................
ケッシュ財団新テクノロジーの情報を開示し、各国と協力して原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、安倍総理にメッセージを送って下さい。 → 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字