2013/09/13

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー 和訳: (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)


【1:26:22~1:29:06】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (18)

和訳:Yuzo Nakano

ビーナスについては唯一...二つの可能性がある。その内部コアでの磁場の配置が若干異るか、磁場の一方が他方よりもはるかに高速移動している場合、それが時計回りに動いている原因になる。

私が著書の中で説明した通り、太陽系の創造において、惑星がすべて順番に移動していることが別の可能性だ。

その意味は、大きな巨大惑星が、ガス惑星終焉と見なされる(状態になる)と、太陽の重力場がそれらを引き入れ、太陽により近くなる、という事だ。

それがある位置に来ると、地球に対して、太陽は高回転よりもはるかに強い重力場を持つので、その位置に応じて回転が変わる。金星が太陽に吸収される程接近するにつれ、地球は金星の位置を取り、右回りに回転し始める。それは物理的に示す事ができる。

したがって、隕石に衝突された金星のミステリーは無意味だ。

天王星の回転も同じだ。天王星はその垂直軸を中心に回転するただ一つの惑星だ。また、そのすべての月はその垂直軸の周りを回る。

地球上では、別の軸を中心にしている。

私たちはシステムを持っている。一つのパラメーターを変更すれば、まさにどうシステムがその安定性を保つため、側面に移動するかを示せる

だから何が金星、天王星に衝突したと言うのか...そこには、何の隕石もなかった。また、これらは巨大なガス状の惑星だ。

出版予定の本“太陽系の創造”の中でも、私たちは正確に土星の環はどのように作られるかを説明している。

理由? 私たちは、一つのシステムを持ち、それがどのように行われるか、それ(理由)を示す事ができる。

そして、どうしてガス状惑星にはすべて輪があるか?それが天地創造の特性の一部であるので、それらには輪がある。

この一部はすでに、二冊目の本“光の構造”で説明されている。

そのように、非常に多くの方法で、宇宙のポジショニングと磁場の相互作用の現実に関する、私たちの知識が増すに連れて、私たちの祖先が、自分たちを納得させるために作り上げたこと;

地球の磁場は、中心がソリッドコア(solid core)であるため、解放された電子が、中心のソリッドコア(solid core )の回転と相互作用し、地球の磁場を生成する、という対流理論は、完全にゴミ論であることが判明した。

今、私たちはソリッドコア(solid core)はソリッドコアではないことを知っており、内部に別のコアがあり、おのおのが磁場を持ち、2つの磁場があり重力がある。私たちのシステムは、そのコピーだ。

私は著書の中で、これについて完全に説明している。

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(19)を読む

....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字