2013/09/07

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー 和訳: (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)


【1:06:18~1:09:01】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (12)

空気や大気中の湿気から、好きなだけの水を生産するシステム状態を作れる。地球上で最も乾燥した空間で、15パーセントの湿気を内含している。欧州諸国では、50%を超えている。 

例えば、1トンの空気を抽出、または吸収できれば、少なくとも100、200、300リットルの水を得る事ができる。だから、ある意味で、干ばつのため何千人もの人々が亡くなるような、現時点でのアフリカの災害を見ないはずである。

Keshe財団は、シード実験(種子実験)と呼ばれる試みを実行している。

私たちは、7か国でそれをテストした。種子が空気から湿気をとって成長するよう、ナノ状態の、リアクターと同じ構造を持つ物質で種子を覆った。実験を実行する人々のうちの一人が“それは野生的に成長している!”と言った。

彼はその時は、旅行中で、あなたの種子-彼はアメリカで実験を実行していた-状態はどうか尋ねると、彼は、“野生のように成長している!”と言った。
彼は妻に電話して尋ねなければならなかった。彼の妻は、 “野生のもののように成長している。”と言ったという。

したがって、この技術はあらゆる事に適用できる。誰もが飢える必要がなくなるに違いない。

私があなたに伝えた女性のように、 特にベルギーで、一連のテストを実行した。彼女は5年間ベッドで寝ていたが、今は、ベッドに座り始めている。夫が留守の間、丸一日、彼女の世話をする介護人は、8時から午後の4時まで、彼女は食事を摂らないと言う。

彼女はかつては、大変よく食べたが、今は少ししか食べない。彼女が必要とするほとんどのエネルギーが、彼女に与えたカップ内にあるので、私は問題ないと答えた。身体は、それが必要とするものを摂っている。したがって、彼女はそれ以上を消費する必要はない。

同じ原理を水に応用できる。人が必要とするものを、水の構造内に置く方法で、人は自ら身体を再処理させ、栄養を得る事ができる。だからアフリカで、干ばつがあった時は、湿気を取得し、それを水に変換すればよい。

人が食べて必要とするどんなエネルギーでも、そのプロセスに追加する事ができるので、水は栄養供給プロセスとなる。

だから誰も干ばつで餓死する事はない。食物連鎖の崩壊や食糧供給の消失などはあり得ない。

これらは、来るべき変化である。

それは衝撃的なことでしょう。しかし、一旦衝撃が落ち着き、人々が同じものを同じプロセスで生産し始めれば、過去の乱用は変わるでしょう。また同時に、人は必要とするものを摂取するでしょう。

私たちの環境乱用は終わるでしょう。

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(13)を読む


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字