2013/09/05

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー 和訳: (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)


【1:02:11~1:06:17】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (11)

著書の中で、光と原子、あるいは陽子、あるいは電子の間の違いは何か説明した。全体の概念を理解するのは非常に簡単だ。創造の起源に戻るので、最高位からそれが物質になるに至るまでの、すべてについて説明し、コントロールする事ができる...それは人間として、私たちにとって重要だ。

そして、これは私たちにとっても、宇宙にいる他の生物にとっても重要だ...そう、私たちは一連のイベントの一部である。

(インタビュアー)「ある意味では、これは人類のための最も美しい発明だ。」

「これは人類のための美しい発明か?...それは人類がどのようにそれを利用するかに依存する。それは正に、諸刃の剣だ。説明したように、数分で深宇宙へ旅行するために、磁場を利用することができる。あるいは、あなたの身体を磁場内で溶解させてしまう、最も恐ろしい犯罪を犯すために、同じ磁場を利用する事もできる。」

現在の銃について、ベルギーのナショナル・セキュリティ・オフィサーと話したことがある。リボルバーを携帯している彼らにこう言った。“現在では、あなたがリボルバーか、銃で誰かを撃つた場合、死体がある。誰が、誰を撃ったか関連性がある。”

この技術では、原理の磁場を放ち、物質に当たった場合、太陽に衝突した地球についての話しのように、誰がそこにいたか知る余地はなく消滅してしまう。

どのようこれを利用するつもりか?またどんな利点に?誰の利点に?

そして、誰が誰を制御することができるか?知識は広く公開されているので、インターネットがあれば、独学する事ができる。しかし、それを理解すれば、システムを構築する事ができる...もはや誰も誰かを濫用することができないという事だ。

どの国家も、資源のために別の国家を支配できない、この技術では、私は前にそれをやった様に、あなたが好きな原料を、好きなだけ生産する事ができる。何故なら、システムにはすべてを処理できる機能があるから。

ごく最近、サウジアラビアの人々と議論していた、今でもしている。彼らがこのインタビューを聞いているなら、誰の事を言っているのか判る。

サウジアラビアでは、飲料水に関する大きな問題がある。彼らは海の水をきれいにする、"除染ユニット"と呼ばれるものがあり、それで塩を取り去る。

また、Jeddahのような場所、あるいは国の内陸都市では、深層水を採取しているが、深層水は、より深く掘らねば得られない状況になっている...同様の事がテキサスでも起きている。テキサスでは水を採取しているが、水を取り尽くしてしまい、更に、より深く掘っている。

エネルギーがこのシステムでどのように生成されるか正確に理解して欲しい...私が言ったように、原理物質(プリンシプル. マター)を、物質レベルで使用すれば、たくさんの"自由エネルギー"、いはゆる"利用可能"なエネルギーを創生することができる。

学校の化学実験室でしたかも知れないが、お湯を沸かして、それ(蒸気)を冷却すると、水、液体になる、それが蒸発だ。蒸発させ、蒸留する。それは、アルコールを作る方法だ。

私たちのシステムにおいては、環境に比べ低温の状態を作出すのに十分なエネルギーを創生し、空気中の湿気から水を生産できる。

だから実際、雲から雨が降り、地下に行くの待ち、地下を掘って、飲料水を得る必要はない。

私たちは、居住環境から飲料水を創生する。それが、このシステムの美しさだ。砂漠の中で人は、渇きのために命を落とす心配が、もはやなくなった事を意味する

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(12)を読む


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字