2013/09/01

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー 和訳: (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)


【0:55:07~0:58:22】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (9)

私たちは変化が起こるのを見てきた。

つい最近それを見た;5年間ベッドにあった女性は、8週間で座ることができ、実際に歩いてみる事ができた。私たちは、過去7日間の講義でこのビデオを見せた。

これが、これから起こることだ。これがこのテクノロジーが起こす変化だ。

ある意味では、社会は何とかして変わるでしょう。私たちは数世紀にわたって、少しづつ変化を見て来た。

私たちはロバに乗って移動し、ついに車輪を得た。車輪は、人類最大の発明品と呼ばれる。私たちは、動物に依存しなくて済むようになった。その後、蒸気と水についての知識を得た。次に、電気についての知識を得て、それは別の変化を起こした。社会が一変した。

20世紀後半には、コンピュータを発明した。誰もが、コンピューターのために仕事を失おうとしていた。今では、他の何よりも、コンピューターとコンピューター・プログラミングを通して、より多くの人々が雇用されている。

これは過程だ。どんな障害を起こす事も、異議を唱える事もできる。しかし、今、秘密は漏れている。それを止める事はできない。

秘密が漏れた理由はあるものだ。

まず、私はアメリカ人とカナダ人に云った、私はこう云った。、 “あなた方の問題は、機内で私を捕まえた時には遅すぎた事だ。”

彼らは文字通り飛行機の機内を歩いた。私についての、すべての書類を手にして待っていた。

彼らは、私が24時間以内にメキシコへ行くビザを受け取ったことを知っていた。そして私を捕まえるために搭乗して来たオフィサーは、言った。“私は、あなたのレベルで、あなたと話をする核物理学者であるために、あなたのケースを3日間勉強した。”と。

したがって、彼らは、何が外に出て来るか知っている、まさに何が起ころうとしているかを。

私はカナダ政府当局者に言った。“あなた方の問題は、私をあまりにも長い間、自由にしておいた事だ。私はあまりにも多くの本を出版し、あまりにも多くのパテントを持ち、また、あまりにも多くの科学論文を書き、あまりにも多くの政府当局者、科学者たちと対話をし、そして教授して来た。”

だから、変化を止めようとするには遅すぎる。 私たちはヨーロッパにおいて数多くの人々を治療し、代替を見せて来た。

私たちは非常に多くの講義を開催して来た。平均では、私は、200~300人まで、時々もっと多くの人達に講義する。したがって、数週間ごとに、知識は人々に伝播されて行く。また、Keshe財団は西ヨーロッパの人々の間で、広がっている。

人々は自分自身や兄弟が治療を受けて、技術の事実を見てきた。 Keshe財団で働く人々のほとんどは、自分自身が病気であった人々であり、彼らは見て来た。

私たちの所には、15年間働くことができなかった紳士がいる。彼は、その技術を使用し始めてから3日以内に、仕事を開始する事ができ...彼は、週に7日働いている。

また同じように、何かをする事ができなかった人、または貧しかった女性が、今は7日間の労働をする事ができる。

彼らは、彼らの思いを返してくれている。彼らは財団が教えたり、他の者が教えるのをサポートしている。

だから、私たちが変化を起こすのではなく、変化はやって来るという事だ。

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(10)を読む

....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字