2013/08/25

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.



Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

Keshe 財団についての総合インタビュー 和訳: (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26)


【0:32:04~0:39:44】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (5)

より重いものを持ち上げたいとき、私たちは、プラズマ内にある磁場を利用する。しかし、私たちはさらにワンステップ先を行っている...それは、私たちが、 "プラズマ技術"と呼んでいるものだ。

プラズマ技術は多くのモノがあるが...プラズマ自体を開いた場合、実際、有形な物質は磁場スペクトルの端に位置する。例えば陽子のプラズマの中心には、エネルギッシュな、より高く強い磁場がある。

それを巻き戻すと、その力は弱まりそれは物質になる。実際に私たちは電子のプラズマを開きその中心を見てみた、その創造元のところだ。そこには私たちが“原理物質(プリンシプル・マター)”と呼んでいる原理エネルギー源、および原理磁場源があり、すべてはそこから始まっている。そこからすべてのエネルギーが発散されるというわけだ。

科学の世界ではそれを反物質と呼んでいるが、おかしなことにそう言っていることに懸念もしている。彼らは物質と反物質がお互いににぶつかった場合、そこには何も、磁場すらも残らないと言っている。しかし現実には、それはもし地球が太陽にぶつかったとしたら、太陽までも無くなってしまうと言っているようなものだ。地球が太陽系の全体中のまさに小片で、太陽が中心であるのにだ。

そのように、実際には、彼らが物質(マター)と反物質(アンチ・マター)と呼ぶものは無意味だ。実際には、この非常に強力な磁場センターは、ぜんまいのように巻き戻せるので、私たちは、それを原理物質(プリンシプル・マター)と 呼び...幼い頃に、それを巻いたり戻したりして、遊んだ記憶があるでしょ?

それが開くと同時にそこにある磁場を解き放つ。数十億年以上もの間、この実体は宇宙に存在している。

だから、それは弱くなるにつれて、低い端の力だけで物質になる。高いところの力というのはあまりにも高すぎて、私たちには見ることができない。しかし、それが存在していることは解っている。なぜなら陽子、電子、あるいは原子は数十億年もの間存在していることは保証されているからだ。

私たちがする事は、プラズマを開き、その根源へ行き、その磁場を使用し、使い終わったら、それを燃焼することなく、再び元に戻す事だ。だから、私たちはプラズマの中心へ行き、プラズマを開き、そこにある磁場をポジショニングのために使う。私たちは行きたいところへ行き、あるいは望みを達成したら、それを元に戻すので、燃焼する訳ではない。実際、理解するのはとても簡単なことだ。

学校での子ども時代を思い出し、ここに2つの磁石を置こう、先生はあなたに2つの磁石について話したでしょう。ここでそれを見せましょう。

磁石のN極同士、またはS極同士を近づけた場合、一方の磁石は移動する。これは非常に小さな動きだが、それは離れる。これは家でも出来る。

N極とS極を一緒に置くと、それらが引きつけられる。S極とS極を一緒に置くと、他の磁石は、見ての通り離れる。そのことが面白い。これら二つの物体(磁石)には、エンジンもロケットも付いていない。その位置決め(ポジショニング)が、お互いに対して、お互いを配置する。

それでは何が起っているのか?いかなるロケット推進もなく、他の磁石が互いに快適に、その位置を見つけるために移動する。これが、私たちが、磁気ポジショニングと呼んでいるものた。今、これを球状のプラズマ状態にすると...私が言うように、宇宙には、円柱形の物体も六角形の物体もない...

すべてが球形である。これは球状の磁石だ。これが宇宙での常態だ...それ自身で閉じてなければならない...ある意味で...物体が宇宙でどのようにあるか、非常に簡単にお見せすることができる。これは、4つの磁気リングで、中央に1つ、そしてその周りに3つある。もし任意の方向にこれらの1つが動いたなら、互いの位置を見つけなければならないので、実際には何もせずに移動する、それらが互いに対して快適である位置を見つけなければならない。一つが移動すると、他の物質は、それに(対応し)自分自身を配置する必要がある。

この知識を医学への適用の話に戻すと、これは正確に(体内で)起きていることだ。前に話した通りだ。中心は、窒素だとする。他の3つは酸素、水素および炭素だ。そして実際、それらの位置に変化があれば、あなたに変化が起こる...元気でいるか、病気になるか...それぞれの位置に関係している...

この知識を医学に適用し、その構造を理解した。前に言ったように、炭素を気体物質としていかに吸収するする事ができるかを理解した。そして、この知識を利用する方法、例えば、MS(多発性硬化症)のような病気から神経システムを修復する方法を非常に簡単に理解した。

医学の世界では、ミエリン(myelin)が損傷されるか、無くなるか、侵食されたとき、患者がMS(多発性硬化症)に罹患すると言う。しかし、実際、私たちは、アミノ酸内の炭素が、導体から抵抗体に、その特性を変更する場合のみ、MSが起こることを証明した。したがって、絶縁だったものは導体になる。また、これは実際に炭素の特性のうちの1つだ。
訳者注:ミエリンmyelin=髄鞘は神経細胞の軸策を取り囲んでいる物質であり、絶縁体の役割り(電気線の絶縁体、ビニールテープのようなもの)を果たしている。

炭素はブラシとしては、最良の導体の一つとして、モータ-や発電機には、日常生活で使用されている。同時に、同じく炭素だが異なる構造、格子構造を持つあるダイヤモンドは、最高の抵抗体(抵抗器)の一つとして知られている。

原子物理学者として、重力のポジショニングを理解し、技術を開発した。そして、宇宙ではどのように、固体の状態のCO2や物質が如何なるガスからも造られるかを理解した。したがって、私たちはそれを試み、知識をもたらした。私たちは、システムを構築して教えた。

MS(多発性硬化症)で感覚を失っていた人が、5年後、再び身体の感覚を取り戻した。彼らは再び足の指の感覚を取り戻し、動き歩けるようになった。これも同じ進歩の一部だ。

実際、何度も議論されたことだが、ビタミンというのはある種の磁場で、ミネラルもすべてある種の磁場だ。それを身体に保った状態にすることができる。そうすれば感覚をとりもどし、身体はそれを十分取り入れ、あるいは、必要なだけ取り入れ、体内で特定の機能をするようになる。

(インタビュアー)「では、私たちは、それらのビタミンをもはや実際に必要とせず、ちょうど正しい振動を必要とする、あるいは...?」

「いいえ、そうではない...だからといって、ビタミンを必要としないわけではない。ポイントは、私たちが学習しているということだ。事実として、私たちが食べるための固形物としてでなく、プラズマとして、それらを複製できる方法を急速に学んでいるということだ。」

和訳:Yuzo Nakano

次の記事(6)を読む


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字