2013/08/20

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ブログへの訪問ありがとうございます。



福島第一原発からの汚染水問題が大きく取り上げられる前の話ですが、

ケッシュ氏に

「日本のウェブメディアで、スカイプ・インタビューをする事は可能か?」

とメールで尋ねた事がありました。

返事は

「相手の都合の良い日時を知らせてくれ。こちらのスケジュールとの
都合が合えば、それで話は決まりだ。」

というものでした。

結局、日本側はまったく興味を示してくれなくて実現できませんでした。

素人の私には判りませんが、ケッシュ財団の技術は

今までの科学の常識をくつがえすような一大革命らしいので

まともな科学者はまず信用しない、ということなのでしょう。


それでも、どうしても訊きたくて、

その際にメールで、ケッシュ氏に以下の質問をしました。

1.日本の、放射能で汚染された空気は財団のサイトに載っている
  汚染浄化方法できれいに出来るのか?
  http://www.keshefoundation.org/applications/environment-agriculture.html
  → ケッシュテクノロジーの応用:環境

2.財団の技術で、汚染された農地を元に戻して再度
  農地として使用することは可能なのか?

3.原発事故で最も破壊された場所の自然生態系を
  私たちが生きている期間内に元に戻す事は可能か?

 彼の答えは 1.Yes 2.Yes  3.Maybeでした。


ケッシュ氏は、日本政府にすでに

「出来るだけ協力すると申し出てる。」と発表してます。

彼の話はまったくインチキだと言う人もいます。

でも本物かもしれない。

世界では、彼の特許申請の技術に基づいて、研究を
している科学者が、フォーラムで少しづつ経過を発表し
ています。

イタリアでは議員が、国会でケッシュ財団の技術について
質問をしています。何の確証もなく現職の議員がそのよう
なことをするでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=SrEB7E_KlFY&feature=em-upload_owner

せめて

ウェブジャーナリストや、日本の政治家はしかるべき科学者と
協力して、彼の技術の検証をして公表して欲しい。


みなさんからも

地元の国会議員や、支援をしているウェブメディアに働きかけて
いただけませんか?

今の日本ほど、夢のような革命的技術を早急に必要としている国は
多分他にはないと思うのです。


どうかよろしくお願いします。

m(_ _)m


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安部総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

ケッシュ技術の検証をして欲しい

コメントする

名前
URL
 
  絵文字