2013/07/11

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


MTKeshe started a thread Chinese reactor in Reactor design 06-20-2013,
Chinese reactor
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2386-Chinese-reactor

ケッシュ氏の始めたスレッド:中国のリアクター 2013年6月20日付

中国人がリアクターとその補助システムを構築した。

中国の開発者と話しをし、許可を得たので、ビデオのリンクを掲載する。

以下のリンクから暗証番号を使って、ビデオを見る事が出来る。

中国チーム、おめでとう、素晴らしい仕事振りだ。

ビデオへのリンク: http://www.56.com/u93/v_OTI5MzkzNDY.html

パスワード: 2013621


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Chinese reactor in Reactor design 06-21-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2386-Chinese-reactor&p=11607#post11607


スレッド:中国のリアクター へのケッシュ氏の投稿 2013年6月21日

私たちはこのビデオの翻訳を依頼していて、中国ケッシュ財団(Keshe Foundation China)より届き次第フォーラムに掲載する。

最も重要な箇所を訳して、フォーラムに投稿してくれた、中国語チームに感謝する。
(訳者注:ビデオ中の実験の過程のポイントの英訳の最後は、「再度何も(リアクションが)起こらなかった」と結んでいる。→ http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2386-Chinese-reactor&p=11595&viewfull=1#post11595


先ず最初に: この実験は失敗した訳ではない。

この設定の素晴らしい点は、システムに投入する前にまず放熱?(irradiation)をして、同時にガスを冷却させたことで、かつて誰もした事がない。

これは設計に新しい側面をもたらし、正しい方法で利用する事が出来れば、コントロールの確立が見込まれる。

これは全く新しい案で、特許の理解に基づいたこのチームのテスト状況だ。

私たちはすでに、中国ケッシュ財団の指揮者と長い間、話し合いをしており、実験の際に考慮に入れるべきと思われる、重要な点についてのアドバイスを与えた。

彼らはシステムのデザインを変えて、2,3週間の内に再度テストする。

このシステムの問題点は、重要なパーツが欠けている事で、彼らは作業中には、それ無しでも出来ると思っていたので、気付かずにいた。スカイプでの長時間のコンファレンス中、彼らに助言を求められたので、必要と思われる作業の点を指摘し、何をどう調節したらよいかを、私たちの意見として述べた。

これが、私たちが世界中のチームにしている事で、デザインではなくアドバイスを与える。欠けている、または修正すべきと思われる点を指摘する。

問題をぞれぞれのやり方で改正していくのが彼らの仕事だ。

ポーランド、イタリアや他の開発者たちとも同様にした。

これは、まさに以前私たちが言ったことだ; 各国がそれぞれに趣向を凝らしてシステムを造る。

このビデオは、じきにどこかの国が進み出て、彼らのデザインによる、動力や浮上システムを見せるだろう、ということを示している。

これは世界30カ国の話だ。現在、30カ国の政府機関または民間でシステムがテストされている。


財団で開発した、非ニュークリア リアクターについては、セッティングが間もなく終わり、テストが開始される。
 
フォーラムに独自のタイトルを設けて掲載し、システムの段階的なテストの過程を見せる。

再度、独自のシステム完成に向けて作業をしている、個人、グループを称えたい。

私たちはあなた方をサポートし、アドバイスを与えるのみだ。

リアクターやそのデザインについて尋ねたいことがあれば、Mr. Carmond にコンタクトするか、ladydragonにコンタクトすれば、毎月行われるワークショップに参加出来る。

今月の以前と同様のスカイプ ワークショップ セッション(第4回)は、2013年6月27日6AM(中央ヨーロッパ時間)になる。

この2~3時間のセッションの間に出来るだけ多くの質問に答えるようにする。

(訳者注:Ladydragonはインターネット ラジオショーを発信している、カナダ、モントリオールのウェブジャーナリストで、ケッシュ財団のスカイプ ワークショップのホストをしている。FB
https://www.facebook.com/pages/LadyDragon/212625622193264)


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Chinese reactor in Reactor design 06-21-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2386-Chinese-reactor&p=11636#post11636

スレッド: 中国のリアクター へのケッシュ氏の投稿 2013年6月21日

興味深い点について;

2日前にこのビデオを掲載した際には、視聴者数が11だったが、今は28000を越えている。

このフォーラムのアクセス数は、2日で2000だったのに。

同様に、世界平和条約のダウンロードは 世界中で1億5千万回を越えた。

財団のリンクを通じての、日々の総合アクセス数は総計、何100万件を超えた。この数字はチェックされていて、将来、公にする。

ワークショップと講義の音質については、改善する。


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Lecture 1 in Announcements 07-06-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2421-Lecture-1&p=11806#post11806

スレッド: 第一回レクチャーー へのケッシュ氏の投稿 2013年7月6日付

フォーラムのセキュリティ配備のため、最初の講義は7月17日まで延期になった。


----------------------------------------------------------------------------------------


MTKeshe replied to a thread Lecture 1 in Announcements 07-08-2013
http://forum.keshefoundation.org/showthread.php?2421-Lecture-1&p=11848#post11848

スレッド:第一回レクチャー へのケッシュ氏の投稿 2013年7月8日

このような発表をして申し訳ないが、講義の構成と、調整役を務めるIngrid が17日に都合が付かないため、第1回の講義は2013年7月24日に延期になった。


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字