2013/01/27

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

Japan the latest nation to receive the spaceship program 11-06-2012

財団のホームページフォーラムに掲載 2012年11月6日付 

日本 スペースシップ プログラムを新たに受け取った国

2012年11月2日、天皇皇室の国、日本がケッシュ財団よりスペースシッププログラム(SSP)USBスティックを受け取ったことを光栄に思いここに発表します。

スペースシップ プログラムを日本大使に2012年11月2日午後1時半に贈り物として手渡しました。

この日より日本の国は重力宇宙テクノロジーを用いて福島の空気中とその周辺に広がった核放射能を収容し、福島の放射能漏れをきれいにし自国の人々を助けることが出来るのです。

このテクノロジーの提供により、日本の政府は自国による新しいエネルギーの供給システムの開発が出来るのです。それは、わずか数年の内にエネルギー自給自足ができ、輸入に頼る必要がなくなるということです。

すべての国に渡されるスペースシップ プログラムUSBスティックの内容はまったく同一のもので、同じマスターファイルからのコピーです。ですからどの国も、ケッシュ財団から同じスペースリアクターテクノロジーの特許と設計図を受け取ります。

日本の国がUSBスティックを受け取ったことを祝福します。

日本政府には、この技術の実用化を果たし、国が現在抱えている核の問題を出来るだけ早く解決するために完全な技術的支援をすることを申し出ています。

日本政府への技術提供は、勤勉な国民性をもつ日本へのケッシュ財団からの無償の贈り物です。

私達は日本がスペースシップ プログラムの一員になることを歓迎します。

M T Keshe

ケッシュ財団創設者




ケッシュ財団 日本政府には 放射能 対応技術供与済 連絡待ち  
2012年11月インタビュー




日本政府は既に除染のための技術を受け取り、財団は実現化のため
全面的に協力すると申し出ている...

(*このビデオはケッシュさんを撮影したもう一台のビデオがうまく作動して
いなかったため­、ケッシュ氏は声だけの出演) 2時間のインタビューの5分のみ。 

Published on 11 Nov 2012
Interview with Mehran Tavakoli Keshe of the Keshe Foundation following a medical lecture he gave on Nov. 7, 2012 in Belgium.



ケッシュ財団が各国政府手渡したUSBスティックについては、
イタリアの議会でも言及されている




2013年1月22日Fabio Meroni議員が、イタリア議会にて
ケッシュ財団から大使を通じて渡されたUSBス­ティックと、前日
(2013年1月21日)に発表された世界平和条約について言及した­。


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字