2013/01/07

Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)


ケッシュ テクノロジーの応用: 医療 

医療への応用

はじめに

未来の遠距離宇宙トラベルにおいて、あらゆる疾患を想定して、医薬品をや医療チームを宇宙船内に搭載する事は到底出来ないだろう。今日の医学の現状では、食料よりも医薬品の方が多くなり、乗客よりも医療関係者が多いという状況となるからだ。

だからと言って、病人を宇宙や地球の医療施設に到達するまで、何ヶ月、何年も宇宙船内にそのまま留まらせる訳にもいかない。

そこで、ケッシュ財団では一つの共通したシステムで、疾患から回復させる、新しい科学の理解と推進に努め、開発、製作、テストを行って来た。このシステムは人間の体が機能するのと同様の働きをする。未来の宇宙船にこのシステムを一つ搭載すれば、宇宙において疾患からの回復処置が施せる。


紹介

非営利のケッシュ財団では、宇宙研究開発に過去35年携わった。推進力やジェットエンジンを使わずに持ち上げ、運動させるシステム、室温でナノマテリアルを生成するシステム、周りの環境から磁場を吸収し、エネルギーを生成するシステムを開発してきた。今や根本的なゴールを収め、プラズマを燃料として未来の宇宙テクノロジーに取り組む準備が出来た。

同様に過去40年の研究のすべての分野から得た知識を結集して、医療テクノロジーに応用した。新しい宇宙時代のシステムとプロセスの応用で、宇宙トラベル中に起こりうるあらゆる疾患に、簡単に対処できるという結果を得た。

2d5e0fd5.jpg


ケッシュテクノロジーの医療技術はスペーステクノロジー
に基づいている


プラズマ リアクター テクノロジー

プラズマ リアクター テクノロジー℗ は生命についての基礎知識と、物質、反物質、暗黒物質の宇宙における創造についての知識を元にしている。素粒子は、実は小さな磁場の集合体で、グループとしてまとまり、より大きくダイナミックなプラズマの場となる。

クォーク質量と呼ばれるものは、物質の中心にあるプラズマ磁場が構成要素となり、その相互作用のみにより創造される。宇宙のいかなる物質も同様だ。

69315789.jpg





プラズマリアクターの医療への応用

多種の分野にわたるテクノロジーの発展を通じて2006年6月、ケッシュ財団の構想に新しい側面が加わった。プラズマ リアクターの医療への応用だ。まずは単一コアリアクター、そして多重コアリアクターが開発、テストされた。

頭痛止めやエネルギー増強など、軽い症状に対処した最初のテストは良い結果を生んだ。2007年1月にはフルスケールのテストが行われ更に良い結果を生んだ。同年初頭に特許の申請をし、7月には、医療分野のすべての研究の成果を、ヨーロッパの特許申請の全ファイルとして提出した。

この申請には、完全なテストケースと独立した医療結果に裏づけされた書類が今後も添えられる。すべてのテストは、過去もこれからも完全な医療の記録として残される。

引き続き、医療用プラズマ リアクタ-のいくつかのプロトタイプが、疾患別に立案され開発された。これらのリアクターは、治療を施す各臓器特有の磁場の形状を基にしている。治療はプラズマの基本的概念を利用している。


人体におけるサブアトミックな(原子構成要素となる)プラズマ磁場

私達の基本概念としては、銀河、ソーラーシステム、惑星はすべて“独自のもつれを持つプラズマ磁場”(SEPMAF's -Specific Entangled Plasmatic Magnetic Fields) で出来ていると考える。

c9c79ad8.jpg

私達は生きている体はすべて、複雑でダイナミックなSEPMAF's システムであると考え、そのように扱い治療する。体の各臓器(胃、腎臓、肝臓、肺、脳、etc)、循環/脈管機能(胃脈管、リンパ管、神経)分泌腺、骨、筋肉、その他の内容物(血液、細胞、DNA、RNA、遺伝子)も 同様に SEPMAF'sとみなし治療を施す。病気や慢性病は体のSEPMAF'sのバランスが崩れた際に生じると考えられる。


医療保険への適用証書
ベルギーの自然療法合法組織であるNaturopathicaより、ケッシュプラズマ療法が、新しい生態エネルギー療法として認められ、医療グループ保険の適用に認可されたという手紙 
(2011年11月26日付)
http://www.keshefoundation.org/applications/licensing/206-naturopathica-certificate-of-acceptance-en.html



Keshe Health Application
テストケースの例、ボランティアの患者さんからの手紙など P49~
http://www.scribd.com/doc/133467867/Keshe-Foundation-Fundamental-Evolution-in-Energy-and-Health-April-2012



疾患

筋萎縮性側索硬化症:
筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、amyotrophic lateral sclerosis、通称ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は確立されていない。
有名な患者ルー・ゲーリッグ(MLB選手)から、ルー・ゲーリッグ病(Lou Gehrig's disease) とも呼ばれるが[1]、ゲーリッグは別の病気にかかっていたという説もある[2]。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/筋萎縮性側索硬化症
4f758514.jpg

 MRI画像が示すT2シグナルの増加 




脳瘍腫:
脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/脳腫瘍
ef2797b7.jpg





パーキンソン病:
パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候(錐体外路症状)を示す進行性の疾患である。神経変性疾患の一つであり、その中でもアルツハイマー病についで頻度の高い疾患と考えられている[1]。日本では難病(特定疾患)に指定されている。本疾患と似た症状を来たすものを、原因を問わず総称してパーキンソン症候群と呼ぶ。本症はパーキンソン症候群の一つであるということもできる。
中年以降の発症が多く、高齢になるほどその割合も増える。主な症状は安静時の振戦 (手足のふるえ)、筋強剛 (手足の曲げ伸ばしが固くなる)、無動・動作緩慢などの運動症状だが、様々な全身症状・精神症状も合併する。進行性の病気だが症状の進み具合は通常遅いため、いつ始まったのか本人も気づかないことが多く、また経過も長い。
根本的な治療法は2012年現在まだ確立していないが、対症的療法 (症状を緩和するための治療法) は数十年にわたって研究・発展しており、予後の延長やQOLの向上につながっている。また20世紀末ごろから遺伝子研究・分子生物学の発展に伴いパーキンソン病の原因に迫る研究も進んでおり、根本治療の確立に向けての努力が行われている。日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/パーキンソン病
806c8010.jpg

ウィリアム・リチャード・ガワーズ『神経系
疾患マニュアル』(1886年)に記載された
パーキンソン病のイラスト 
顔に表情がなく歩くのが困難と見られる




悪性腫瘍:
悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍、良性腫瘍と悪性腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、また転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる。 日本語ウィキペディア: https://ja.wikipedia.org/wiki/悪性腫瘍
2507c050.jpg

癌の移転の症状は腫瘍の場所による




昏睡:
昏睡(こんすい、coma)とは意識障害の一つ。意識障害の中で最も重いものである。
外部からどのような刺激が加えられても反応がない状態とされる。ただ、脊髄反射は認められる。また、痛み刺激に顔を少ししかめる患者も昏睡に含められる医学論文が多くある。その場合でも、「痛み刺激に対し全く反応しない(JCS300)」が、深昏睡とされる。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/昏睡
f30b4501.jpg

     昏睡患者の治療室





慢性閉塞性肺疾患:
慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん; COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり死よりも恐ろしい病気として知られている。
様々な有毒なガスや微粒子の吸入、特に喫煙(受動喫煙を含む)がきっかけになり[1]、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/慢性閉塞性肺疾患
7b22dd8f.jpg

喫煙に特有の小葉中心型肺気腫を表す肺の
肉眼像。この固定され、切り取られた肺の外
観のクローズアップは重質黒色炭素堆積物に
より満たされた多数の腔を表す。




てんかん:
てんかん(癲癇、Epilepsy)とは、脳細胞のネットワークに起きる異常な神経活動(以下、てんかん放電)のためてんかん発作を来す疾患あるいは症状である。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではG40である。WHOによる定義によるとてんかんとは『種種の病因によってもたらされる慢性の脳疾患であり、大脳ニューロンの過剰な放電から由来する反復性の発作(てんかん発作)を主徴とし、それに変異に富んだ臨床ならびに検査所見の表出が伴う』とされている。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/てんかん 
b301104f.jpg

 緊張性発作(上) 間代性発作(下)




多発性硬化症:
多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患である。日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 日本語ウィキペディア: http://ja.wikipedia.org/wiki/多発性硬化症
c2845ae4.jpg

 健康な神経(左)と損傷を伴う神経(右)



資料:
Keshe Foundation Website:
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/foreword-introduction.html
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/health-applications/111-health-applications-of-plasma-reactors-en.html
http://www.keshefoundation.org/applications/medical/diseases.html
The Keshe Foundation Fundamental evolutin in Energy and Health http://www.scribd.com/doc/133467867/Keshe-Foundation-Fundamental-Evolution-in-Energy-and-Health-April-2012


....................................................................................................................................
日本は既に ケッシュ財団の技術を受け取った と財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に、 情報を公開し原発事故処理、 フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集 (国政に関するご意見・ご要望)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字