2014/09/03

(11)反物質、暗黒物質、ブラックホール
(12) ケッシュ用語の定義
(13) 光はエネルギーではない
(14) 光は円柱状のプラズマである
すべての記事を一度に表示→ クリック

以下、ケッシュ氏の二冊目の著書、「光の構造」よりの要約

らせん運動をしている光の円柱状プラズマが、球状に回転する物質に戻るのは、光の到達点であるプラズマの磁場環境の強度に依存している。プラズマ磁場が移動する過程では、光の推移物質磁場は物質磁場よりも早く進む。そのため到着地に達して物質の場の強度環境のプラズマに場を与えると、X線、その他の磁場強度スペクトルをもつプラズマ磁場が放出される。

根源物質磁場が物質環境でスピードを落とすとガンマ線強度の、根源から推移物質磁場への変化でベータ線強度のプラズマ磁場が放出され、同様に推移物質磁場から物質磁場への変化では、アルファ線が放出される。

電子のプラズマ構造は陽子や中性子のそれと同様であるという理解をすでに得たが、ガンマ線も同じである。ガンマ線は、中性子、陽子からと同様に、電子の物質磁場からも作られる。それは、ガンマ線の場の強度のプラズマ磁場の磁力線が生まれる環境が整った時に放出される。これらの、電子から放出された磁力線が陽子や中性子プラズマの内部構造中に現れると、出所の判らない不思議なエネルギーとして見られる。

これは、陽子と電子のプラズマ磁場間で球状から円柱状に変換されるのと同じプロセスで電子により作られた光線である。

異なる強度をもつ物質磁場3態の間では、プラズマ間と同様に、磁場の流れがあるのは他の文献で説明した通りだ。光線の物質磁場がひとつの層から他の層へと移る際の磁力の流れは光のプラズマ磁場の強度であり、電子レベルの磁場強度のスペクトル内ではない。

この光の物質磁場3態内のプラズマ磁場の流れは、電磁力の代わりに光磁力(light Magnetism = “ligmagnetism”)と呼ぶ。光磁場の質量の値はスケールがまったく違うものである。電磁力は物質磁場の強度のスペクトルを持つのに比べ、光磁力は根源物質磁場強度のスペクトルを持つ。

電磁場があるように宇宙には陽磁場(protomagnetic fields)もあると言える。これらはグループになっている磁場でずっと強力なパワーと流れを持つが、
現在の科学界には知られていない。将来の宇宙テクノロジーは陽磁場と陽子の流れを利用した方がずっと容易で、しかも電磁場の
数百倍のパワーが得られる。より小さく、よりパワフルなリアクターの開発、製造が可能になる。

この、光から中性子、リフト、動力へというコンセプトは、
星が重力とM磁場の巨大な力を生み出す原理の理解と知識を得る上での重要な布石である。科学界は小さな原子の概念にとらわれて、真の動力源である原子の利用が、興味深くて素晴らしい成果を達成できることをまだ理解していない。

通常、光は異なる物質磁場の強度を持ち、光のプラズマ磁場の断片もこれらと同時に到着点に達し、複雑な構造をもつ基本的プラズマに直接変換する。これは中性子として知られている。(図35)

8
図35:光は基本的プラズマである中性子に変換する。


新しい環境の磁場が基本的磁場を生むのに必要としている以上の内容物を、光線が運んだ場合には、中性子崩壊を経ずに基本的原子である水素となる。(図36)

9
図36:光線から中性子を経ずに原子が生まれる。




参考資料:BOOK 2- The Structure of the Light Chapter 2



 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字