2014/07/30

以下、 「光の構造 」の序文より。

次に挙げるリストは、この著書の中で使われている用語の定義である。これらはすでに過去の著書や文献で用いられていて、多くの読者には馴染みのあるものであろう。この本では、異なるアプローチから、異なる言葉や用語を用いた。物理世界での真のプロセスを現実的に言い表す言葉で説明する必要から生まれたものだ。

磁場(Mafs):magnetic fields

M磁力(Magnetic):大文字のMで始まる場合は、地球の磁場のように動的なエンティティ(素子)により作られた磁場のプラズマを指す。 

重力磁場(Magravs):マグラブス=Magnetic and gravitational fields は「磁力と重力の場」の意味で、ここで使われている磁力は上記のM磁力を指す。

p磁場(Pmf):プラズマ磁場 = plasmatic magnetic fields

根源物質(Principal matter): この物質は従来の物理では「反物質」と呼ばれた。暗黒物質から(通常の)物質まですべての物質の源である、この物質の真の構造が今や十分に理解できた。この物質を「元の」、または「根源の」物質と呼んでいる。

根源物質磁場(Principal mafs):根源レベルの強度の磁場で、感知可能で目に見える(通常の)物質を作っている磁場の数百乗ほどの強度を持つと考えられる。

根源星(Principal star):プリンシパル・スター、従来の物理ではブラックホールと呼ばれるエンティティ。

推移エネルギー(Transition Energy):従来の物理では暗黒エネルギーと呼ばれる。根源から(通常の)物質磁場の強度へと移行中で運動をしているプラズマ磁場のこと。

推移物質(Transition matter):従来の物理では暗黒物質と呼ばれるこの物質の真の構造は今や十分に理解できた。プラズマ磁場が、根源物質から感知可能な物質へ移行中である場合に「推移物質」という表現が使われる。

推移物質磁場(Transition matter mafs):根源物質と(通常の)物質の磁場の中間の強度を持ち、根源物質磁場から物質磁場レベルに移行中の磁場である。

ガンズ(Gans):新しい(新たに発見された)「物質の状態」で、ガスの分子が同じ分子のままナノ状
になり、固体として存在する状態。(GAs to Nano of Solid)


参考資料:The Structure of the Light


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字